« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月23日 (火)

おべんとう

Obento_2


くいしんぼうなので、
お外でおいしいものを食べるのは大好き☆なのですが
外食が続くと油が多いのかどうも胃が重い。
なので仕事に行く時はたまにお弁当を持っていきます。

仕事先の机で食べるのは雰囲気的にはNGなのですが
胃もたれもしないし、丁度いい。
(外食はどうしても食べ過ぎてしまう。)
あたたかくなってきたし、今度は公園で食べてみようかなぁ。

| | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

もずくとゴーヤな旅

今回は天気がいまいちで
青い空が見られなかったから
沖縄にキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!
って感じがなかった。(涙)
でもビバ沖縄♪


そんな沖縄バカヤロウが
今回の旅行で私が一番やりたかったこと。

生もずくとり。(^_^;)

いろいろリサーチして穴場スポットの
情報は得ても天気最悪・・・。(T_T)
Mozuku





あきらめてトボトボとホテルへ・・・。
でも天気が悪くても

おいしいご飯があるじゃない♪(゜∀゜)

と気持ちを切り替え候補なお店に出向くと
閉まってるわ、お客が11組待ちやら
ふられっぱなし・・・。(T0T) Oh my got!


ようやく入れたお店は
大混雑で料理はやってこない・・・。
でもお店の人はそれに気付いたか
「申し訳ございません!」ってサービスで
ゴーヤチャンプルーを出してくれたんだけど・・・
相方さんゴーヤ嫌い (T0T)ノ~


ま、そんな日もあるわよね♪と2日目の夜
ふらっと入ったお店にメニューがない・・・。
「観光の方ですからねぇ」と気を使って出してくれた料理

ゴーヤチャンプルー!!!

あ〜おきなわ。素敵なおきなわ・・・。
☆5月8日はゴーヤの日☆




☆でももちろん楽しいこともありました☆

那覇にあるパラダイス通りにある
イズムってお店可愛かった。
主にインド系な洋服なので東京でも買えますが
価格も東京より安いしわたし好みの服多し!



あと国際通りから路地に入った
ゆくい海月 久茂地3-29-22
ここのアクセサリーも可愛い。
ターコイズの入ったアクセサリー購入。
作るこだわりとか店主とお話できたのもよかった。

A






あとこれはかなりマニアですが
宜野湾市にある紗利真(しゃりま)って生地屋。
宜野湾市 新城2−45−6
安い!メーター500円しないさぁ〜
都内で見かけない生地がいっぱい。
相方さんテンション↓でしたが
無視してあれやこれやとお買い物♪

Kiji






もちろん観光もしました♪

世界遺産を回ったり
あと、玉泉洞というおきなわワールドという
ベタな観光スポットにもいったのですが、
ここの鍾乳洞すごい迫力です。
N





とにかく長いんです距離が・・・。
最後は出口はまだかね?って
鍾乳洞のすごさを忘れてしまうほど・・・。

で、出たはいいものの、歩いてまた正面玄関まで
約1km歩くのですよ・・・。トホホ
でもさすが観光スポット
その帰り道、うまい具合に
紅型体験だの黒糖工場などのビバ観光な
テーマパークを通るんですわ。
「うまいねぇ、商売。」なんて言いながら
帰りの道をテクテク歩いていたら
そこで日に何度かやるスーパーエイサーが
ちょうどいい時間だったので
(というかヘトヘトで座りたかった)
ちょっと観ていく?
なんて軽い気持ちで観たのですが
かっこよかった〜♪

お兄さん達すごいんですよ。
アクションスターなんじゃないかってくらい
太鼓たたきながらクルクル激しく回る回る・・・。
もちろん弘道おにいさんみたいにニコニコ笑顔で・・・。

と、鍾乳洞目的で行ったので
実はテーマパークはどうでもよかったんだけど(^_^;)
スーパーエイサーを見れたことがとってもよかった。
でもエイサー見なかったらビバ観光スポットよね〜
なんて毒吐いて帰っていたかもしれません・・・。
おきなわワールドさんすみません。

みなさんも是非おきなわワールドへ♪(゜∀゜)

ちなみに鍾乳洞だけの入場券はありません。
テーマパークと一緒のチケットです。(上手く出来てます)
なので玉泉洞に行けばエイサーだってみられます♪
(時間確認してね)
あと余談ですがでかい白い蛇も首に巻いて写真とれます。
(1,000円です。(^_^;)
でもたとえ縁起のいい白蛇でも1,000円払って
巻きたくないけどみんな喜んで巻かれてました・・・。

と、今回の旅はまぁ、色々ありましたが私は満足♪
(相方さんはさすがに本島は飽きた模様)
でもワタクシは沖縄に呼ばれなくなるまで
行き続けようと思う
やっぱり沖縄バカヤロウ♪

今度は八重山諸島にいくべ。

| | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »