« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月18日 (火)

ショーンコネリー

yahooのトピックスでショーンコネリーが
俳優を引退なんてものを見てしまった.....
ここで→

確かに腎臓腫瘍の手術はうけていたし
もう75歳だし・・・。
しょうがないけどやっぱり淋しい。

私が好きになったのは高校の時、
映画館で『インディージョーンズ最後の聖戦』を見た時。
アドベンチャーな映画なのに映画館でショーンに感動し
ビービー泣いたのは多分、私だけかもしれません。(^_^;)
それからというものショーンコネリーの近年の映画は
全部見ているほどファンでした。
(若いころの彼の映画も何本か観ましたが
若い頃の彼よりも往年の彼が私は好き☆)

彼がいったいどんな人かは、役でしかわからなかったけれど
ああやってステキに歳をとった人は
きっとステキな人に違いない!
そんな彼にもうスクリーンで会えないのは残念だけど・・・
ほんとステキな俳優さんでした。

| | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

なんくるなく、ない

GWに沖縄に行くことになってので、
今、色々とどう動こうかな〜なんて
ニヤニヤしながらスケジュールを立てています。
紅型の工房にも行きたいし、
行ってない世界遺産の 斎場御嶽にも行きたいし、
海中道路もまだ途中までしか行ってないでしょ、
ご飯も沖縄そば屋と居酒屋もまだ行きたい所いっぱいあるし、
久しぶりにジーマミー豆腐も食べれるかと思うと・・・
あ〜どうしましょう。(* ̄▽ ̄*)←バカ
自分でもなんでこんなに沖縄バカなのかわかりません・・・
でも今沖縄に呼ばれているなら飽きるまで
行っちゃえなんて思っています。ごめんね相方さん。

そんなバカが最近読んだ本。
よしもとばなな『なんくるなく、ない』
沖縄の旅日記の本です。

Banana






中学生の時、キッチンを読んでから
ずっと彼女のファンなので
彼女も沖縄がLOVEだったなんて嬉しい♪
彼女の感性が盛り込まれた沖縄へのラブレター本。
読んでるとどんどんよしもとばななワールドに引き込まれます。

沖縄にこんなラブレターがかけるなんて
文才があるってほんとにうらやましいっす。

| | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

びんがた

友禅とか藍染めとかは聞いたことがあったけど、
紅型って・・・。べにがた?ン?
そんくらい無知な私が
今年の始めから習いはじめた紅型。
ようやく処女作が出来ました。

Bin1





Bin2








写真で見るとわかりませんが、
近くで見たらにじんでるわ色が変だわ、
大笑い・・・。(^_^;)

好きになったきかっけは沖縄のあるお店に行った時。
紅型の生地を組み合わせた雑貨を見て
すんげぇかわいいと思ってから。
この生地なんだ?紅型なんだ〜
自分で作りたい習ってみたい
始めちゃった。

ま、そんなところです。
なんでも手作りしたくなる美大卒の悪い癖です。

そんな自分は細々と
C級グラフィックデザイナーをしていますが
三十路街道もさしかかるとこの仕事が好きでも
疑問も生まれてきます。
10年もやってるとポートフォリオはたくさんあれど
自分の好きな作品って???
このままで私はいいんだろうか・・・。
凡人は考えます。

そんな時に出会ったというのもあってか
紅型は新鮮です。
伝統芸術って堅苦しいイメージがあったけど
紅型って意外とキュート☆

まだ、始めたばかりですが、
いつか自分で型をおこして
オリジナル紅型を作りたい!
今の目標!!
仕事は二の次(嘘です)

| | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

エメラルドぐるくん

品川のアクアマリン水族館へ行ってきました。
ここはイルカのショーが見どころらしいけれど
実際にそのショーを見ましたが15分位の間に
一匹づつ芸を見せるのではなく
みんなが好きなようにあちこちで芸を見せているので
私としてはどこを見ていいのか
わかりずらくいまいちな感じでした・・・。
ただ普段見れない、稽古中のイルカとかも
ショーが終わったあとに見れるんだそうです。
(私は見ませんでしたが・・・)
ちなみにアシカのショーは一匹づつ芸を見せてました。

元々水族館は大好きなので
関東の水族館はけっこう行ってますが、
ここは個人的ランク低いです・・・。

でも!ここには沖縄の県魚ぐるくんがいます。
すてき〜☆
なので許します。(^_^;)

060405144832








でもぐるくんを見てたら、
沖縄に行きたくなりましたぁ〜♪ヽ(´ー`)ノ

石垣島、往訪まであと3カ月☆
まだまだ先だな〜・・・。

| | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »